2005年11月29日

ブラッディ・ドッグス(1年戦争初期仕様)〜その1 投稿者:歪

27.jpg■作品名
ブラッディ・ドッグス(1年戦争初期仕様)
左:レニー・ブルース曹長機/右:ビル・グッドマン軍曹機

■素体ステージ
ベース:ST26/シャア専用ザク(2機とも)

■改造ポイント
レニー機
・ショルダーアーマーはSDボトムズのスタンディングタートルから流用、着脱可能
・頭部はモノアイレール仕様に改造
・左腕はST26シャアザクの右腕を流用
・バックパックはバーニア制御用の尾翼を追加

ビリー(ビル)機
・シールドの長さを延長してディティールアップ
・右腕はマシンガン用、バズーカ用の2本を用意して武装ごとで取り付け可能に
・頭部はモノアイレール仕様に改造
・左腕はST26シャアザクの右腕を流用

■機体設定
1週間戦争では海兵隊に所属し、コロニーへの核攻撃を行った。
その時のチーム名が「ブラッディ・ドッグス(血まみれの狂犬)」だったという。
降下作戦において、生存率の低い先遣隊へと配属されたという設定。

両機とも降下用に軽量化が図られ、パワー出力も若干アップ。
レニー機は主に先陣や突入の役割を担い、弾丸数を稼ぐために2丁のマシンガンを
利用できるように武器管制システムのプログラム変更。内部コンピュータの処理速
度も標準機に比べるとやや速くなっている。
一方、ビリー機は大型火器による重武装に特化。シルードの長さを伸ばしたり、手
持ちシールドも標準よりも大型にして、被弾性を高めている。特別にカスタマイズ
されたバズーカは、元々は核兵器仕様だったが、多少の改良により地上においては
有効射程距離を伸ばすことに成功。遠隔地からの攻撃を可能とした。

27.jpg

別ポーズによる投稿です。

29.jpg

最後はジオラマ仕立てによる投稿です。
posted by Kanju at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 第3回コンペ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。