2005年11月29日

黒鼠 投稿者:フナスケ

35.jpg作品名 「黒鼠一号機」
素体 ST30 ザクU
作品設定…
 戦争中期…連邦がMSを戦線に投入し始めた頃、ジオン公国のある研究所で、長期戦に耐えられるように新型のバックパックと試験型のプロペラントタンクを製造。テストにはザクUを使用した。テストの結果は良好で、その活動時間は宇宙空間でも水冷を使用したズゴックに匹敵するものとなった…。
そのテスト用バックパックを装備したザクUをどこぞのMSパイロット達が改造した、という設定です(短)細かいことはあまり考えずに作ったので、許してください。
改造ポイント
モデラーの大角さんの作品、「マッド・ドッグス」の影響が強いです。
頭部にパテでバイザーを製作。(多少バランス悪いんですが)両肩をショルダーアーマーにし、前腕は可動できるようにしました。その後シーマ専用ゲルググMのバックパックを取ってきて、プロペラントタンクはプラ材で作り直しました。その他チマチマと改造しています。

36.jpg

後姿です。脚部にアポジモーターを追加してます。

37.jpg

ウェポンです。
画像左上:クラッシャー・フレイル
プラ棒から製作しました。振りまわしてヘッドをぶつける打撃武器です。無重力空間で使ったら絶対自滅するので地上用装備です。(地上で使っても自滅するかも)
画像右上:強化型マシンガン
単純にMMP-78と同じと考えてください。グレネードの弾数は二発という設定です。これはあまり使われません。
画像左下:大型ヒート長刀
画像が見にくいですね(汗)長刀の刃の部分はBB戦士の農丸頑駄無から。柄はプラ棒で作り直しました。
ア・バオア・クーでの決戦で使用した、という設定です。でっかいから扱いが難しいんですけどね。
画像右下:ヒートソード
プラ板で製作しました。地上戦、宇宙戦どちらでも使用可能の武器です。これで武器を自作する楽しさに目覚めました。
posted by Kanju at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 第3回コンペ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9960283

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。